環境について

届ける人

賃貸マンションを探すとなった場合に、一番考慮したいのがどんな環境かです。まずは部屋の向きがポイントです。なるべくなら部屋は南向きがよいです。南向きに窓がないと日中光が入ってこないことになります。暗いと照明をつけなければならないので電気代もかかりますし、洗濯物もよく乾かないです。また西向きに窓がついていると日中はいいのですが夕方になると西日が非常にまぶしいです。そして、入居する賃貸マンションの階数です。騒音や防犯の面からするとなるべく上の階がいいです。さらにいいのが角部屋です。真ん中の階の真ん中だと両隣と上の階から騒音が聞こえることがあります。これが角部屋であると騒音も防げますし、真ん中の部屋よりも日当たりもよくなります。

賃貸マンションを選ぶ際に入居申込前に内見をしますが、その際に見るポイントとしては近場にどんな施設があるかです。一人暮らしで自炊をするならスーパーが近くにあったほうがよいです。自炊はしなくてもお弁当やお惣菜を買うことができますので、タイムセールのときに利用すれば節約にもなります。そして賃貸マンションでも1階にコンビニやカフェ、レストランが入っている物件があります。便利ではあるのですが、深夜の騒音や飲食店が入っているとにおいやゴキブリが沸くこともあります。あとは好みになるのですが、風呂とトイレは一緒なのか別々なのかもです。別々がおすすめなのですが、これは家賃の支払いに余裕がある場合のみに限ります。